シミができるメカニズムを知って、しみ予防する

年を取るとシミができるのはなぜ?

顔のシミ

 

若いころはツルツルで白いきれいな肌だったのに、年齢を重ねるとシミやくすみが出てきます。
どうしてシミができるのかわかれば、防ぐこともできますね。
シミのメカニズムを知って、シミを消すよりできないようにしたいものです。

 

 

■シミはこうしてできる!

 

シミはメラニンが排出されないことでできることは知られています。
そもそもメラニンは、肌を守るために生成されているんですね。

 

紫外線などの外部の刺激を受けないよう、メラニンを作って肌を守っているのです。
メラニンがないと、皮膚の内側にある核が破壊されてしまうのです・・・!

 

そして、肌のターンオーバーとともにメラニンは外に排出されて肌に残ることは通常ありません。

 

したがって、メラニン=悪者、というわけではないのです。

 

ただ、メラニンが過剰に生成されてしまうと、ターンオーバーで排出されず、肌に残ってしまいます。
これが私たちが敵視する「しみ」というわけです!

 

メラニンは適切に生成されている分には問題ないのですが、過剰に生成されるのが問題なのです。

 

 

 

メラニンが生成される理由

では、なぜメラニンは必要以上に生成されてしまうのでしょうか!?

 

理由その1 紫外線(UVB)
 波長の短い紫外線UVBは皮膚を直接攻撃します。
 普通は紫外線ぼ浴びなくなるとメラニンの生成はおさまります。
 しかし、皮膚細胞が壊れているとメラニンが生成され続けることになってしまうのです。

 

理由その2 活性酸素
 活性酸素は色々な理由によって引き起こされます。
 波長の長い紫外線UVAや喫煙、飲酒、ストレス、有害物質を含む空気、睡眠不足などが原因になります。

 

理由その3 炎症
 日焼け、ニキビ跡、肌への刺激、湿疹やかぶれ、やけど、女性ホルモン、化粧品など
 肌にトラブルが起きるとそれを治そうといて皮膚の細胞は活性化します。
 メラニンもその時にたくさん生成されてしまうのです。

 

(シミのできるメカニズム「スキンケア大学」から引用)

 

 

メラニンの過剰生成を防ぐ!

青空

 

メラニンが生成されてそれが肌に残ってしまう、それがしみになることがわかりました。
それなら、メラニンを過剰生成しないようにすればいい、というわけですね!

 

UVケアをする、日焼けしない、生活習慣を改める、食べ物に気をつける、など、地味なことばかりですが。
実際はそういう細かい積み重ねがきれいな肌を作ってくれるのだと思います。

 

芸能人や美容家など、肌のきれいな人は食べ物や睡眠などに気を使っています。
そして、適度な運動を取り入れて体を動かすことも忘れていません。

 

紫外線対策は夏だけ行う人もいますが、春先から紫外線は強くなっています。
また冬でも紫外線はゼロではないので、できれば一年中UVクリームを使いたいですね。

 

今は放射能などの心配もあるので、常に肌を守るためにUVクリームなどを使用することがお勧めだとか。

 

 

デトックスもおすすめ!

お風呂

 

外食の多い方は食品添加物もとても気になります。
特にコンビニやファストフードの食事が多い人は体の中に有害物質が溜まっている可能性もあります。

 

また、最近の空気の汚れは否応なくからあの中に入ってきます。
それが肌のトラブルを起こす可能性は十分ありますね。

 

<食べ物でデトックス>
食品でデトックス効果があるものといえば、玄米ですね。
私も定期的に玄米を食べて、デトックスしています。

 

また、腸を丈夫にすることで免疫力がアップするので、乳酸菌などもおすすめ!
玄米から作る乳酸菌は家でカンタンにできて安上がり。
それなのに、乳酸菌の数はめっちゃ多いのです。

 

玄米と乳酸菌という手ごろなお値段でできるデトックスは安くてパワフルなんですね。

 

<お風呂でデトックス>
重曹と自然塩をカップ1杯くらいお湯に入れるとデトックス効果が高いお湯ができます。
重曹は食用のものを飲むのもおすすめですね。
ガンにもいいということは、免疫力を高める力もあるということです。

 

いいお風呂に入るとたくさんデトックスできますね。
気持ちもいいのでストレス軽減や気分転換にもなるのでぜひ毎日!